• まもなく始まるマイナンバー、準備はお済みですか?
  • ビッグなボルトでタフに守る・ビッグボルトシリーズ
  • 水害対策の強い味方・脅威の72時間防水:ウォータープルーフシリーズ
  • 創業1930年。信頼のブランド
  • 合鍵のご注文・暗証番号
  • よくあるご質問

革新的な技術と安全性の追求

ULマークとは

ULアメリカに本拠地を置き、1世紀以上に渡り、製品の安全試験を行っている独立製品安全認証機関のUnderwriters Laboratories Inc.(UL)が製品の安全性を認証した事を表すマークです。

30分耐火テスト1時間耐火テスト2時間耐火テスト 2時間・1時間・30分耐火テスト

耐火実験映像がご覧になれます

2時間耐火テストは2時間で1010℃まで加熱します。
1時間耐火テストは1時間で927℃まで加熱します。
30分耐火テストは30分間で843℃まで加熱します。
保管した書類などの自然発火を防ぐため、177℃以下に保たれなければなりません。

UL30耐火テスト:クラス125 UL30耐火テスト:クラス125

電子機器・デジタルメディア(磁気テープ・FD・MO・フィルムなど)、熱に弱い製品を保管するタイプの製品にはより厳しい規格が適用されます。
UL耐火テスト:クラス125の認定を受けるには、30分間で843℃まで加熱し、内部の温度を52℃、湿度80%以下に保たれなければなりません。

UL爆発テスト UL爆発テスト

UL爆発テスト

1093℃の炉内で20分間急加熱し、爆発・破裂しないことが必要です。
UL認定を受けた全てのセントリー製品は、UL爆発テストにも合格しています。

UL落下テスト UL落下d衝撃テスト

UL落下テスト

30分間で843℃まで加熱した後に、9.1mの高さから瓦礫の上に落下させ、冷却し、逆さまに置き換え、再度30分間で843℃まで加熱します。
テスト後、外形がそのまま保ってロックされており、保管庫内部の温度が177℃以下に保たれなければなりません。