• まもなく始まるマイナンバー、準備はお済みですか?
  • ビッグなボルトでタフに守る・ビッグボルトシリーズ
  • 水害対策の強い味方・脅威の72時間防水:ウォータープルーフシリーズ
  • 創業1930年。信頼のブランド
  • 合鍵のご注文・暗証番号
  • よくあるご質問

革新的な技術と安全性の追求

ETLマークとは

ETL世界最大級の試験認証機関「Intertek」により試験認定を証明する安全認証マークです。

ETL2時間・1時間・30分デジタルメディア耐火テスト ETL20分耐火テスト

20分耐火テストは、20分で649℃まで加熱します。

ETL2時間・1時間・30分デジタルメディア耐火テスト ETL2時間・1時間・30分デジタルメディア耐火テスト

2時間デジタルメディア耐火テストは、2時間で1010℃まで加熱します。
1時間デジタルメディア耐火テストは、1時間で927℃まで加熱します。
30分デジタルメディア耐火テストは、30分間で843℃まで加熱します。
その際デジタルメディア(CD、DVD、USBドライブ、フラッシュメモリ、MP3プレーヤなど)を保護されなければなりません。

ETL防水性能テスト ETL防水性能テスト

防水実験映像

フタ上約5センチの水中に製品を沈め1時間後に引き上げた後、重量の変化(=金庫内部に浸水した水の総量)が0.5グラム未満でなければなりません。(QA0110、QA0121は製品を水中に沈め24時間経過後に製品を引上げ、庫内に浸水していないことが検証・認定されています。)

ETL72時間防水性能テスト ETL72時間防水性能テスト

フタ上約5センチの水中に製品を沈め72時間後に引き上げた後、重量の変化(=金庫内部に浸水した水の総量)が5グラム未満でなければなりません。

ETL耐水性能テスト ETL耐水性能テスト

・約20センチの水中に製品を24時間沈めた場合の耐水性が認められなければなりません。

・一定の水を吹きつけた場合の耐水性が認められなければなりません。(耐火・耐水収納ボックスガーディアンGB20LR/GB20LBK)

ETL落下衝撃テスト ETL落下衝撃テスト

30分間で843℃まで加熱した後に、4.5mの高さから瓦礫の上に落下させ、冷却し、逆さまに置き換え、再度30分間で843℃まで加熱します。
テスト後、外形がそのまま保ってロックされており、保管庫内部の温度が177℃以下に保たれなければなりません。